楽天銀行は節約の第一歩

楽天経済圏生活

楽天銀行は節約の第一歩

楽天経済圏で生活するうえで楽天銀行開設は非常に重要になってきます。

本記事では楽天銀行のサービス内容について解説していきます。

節約に繋がるので、見ていってください(*’ω’*)

スポンサーリンク

楽天銀行とは

・楽天が運営するネット銀行のこと。

・実店舗が無く、PCやスマホから操作できます。

・セブン銀行・ローソン・ファミリーマートなどの主要なコンビニのATM

 三菱UFJ・みずほ銀行などのメガバンクでも利用可能です。

楽天銀行のカードの種類と個人的オススメカード

  1. デビット機能付きキャッシュカード[即時引落のキャッシュレス] オススメ
  2. クレジット機能付きキャッシュカード 注意
  3. キャッシュカード オススメ
注意

楽天銀行ではクレジットカードと一体型の楽天銀行カードを

発行できますが、楽天Edy付帯不可、

そして楽天ゴールドカードも申請不可となるので

個人的にはオススメしません。

後に楽天ゴールドカードを発行することで、さらにお得になるからです。

私は1のデビット機能付きキャッシュカードを選択しています。

ただ、実際にデビット機能を使ったことはありません。

読者の皆様が楽天経済圏の移行を考えているのであれば

楽天ゴールドカードは必須になります。

なので、1か3を選ぶことをオススメします(‘ω’)

楽天ゴールドカードについて詳しく知りたい方はコチラ↓

楽天銀行の会員ステージ説明

                                                     引用:楽天銀行HP

楽天銀行の会員ステージは5段階になっています。

ここで大事なのは

【VIP】もしくは【スーパーVIP】をキープすること。

【VIP】もしくは【スーパーVIP】をキープすると、

ATM利用手数料の無料回数が増えるのと他行振込手数料の無料回数が増えます。

そして、何より嬉しいのが

口座への振込や引き落とし等で得られる楽天スーパーポイント獲得倍率が3倍となります。

<span class="fz-12px">このちゃんマン</span>
このちゃんマン

ポイント獲得にはVIP以上がお得!

残高を100万円以上にして、VIP以上のステージをキープするのよ(‘ω’)

楽天銀行のメリット

楽天銀行のメリットは大きく分けて2つ

①普段の利用で楽天ポイントが貯まる

②普通預金金利を簡単に年0.1%にできる

一つずつ説明します。

①普段の利用で楽天ポイントが貯まる

下図は楽天銀行ユーザーがサービスを利用した際にもらえるポイント一覧

振込や入金、給与の受取でもポイントが貯まります。

楽天カードを使用してもポイントが貯まります。

つまり、日常生活を送るだけでポイントが貯まっていきます。

ここで注目してほしいのは会員ステージで受け取れるポイントが異なるということ!

先ほどもお伝えしましたが、

会員ステージを【VIP】または【スーパーVIP】にしておくと

楽天スーパーポイント獲得倍率が3倍となり

多くのポイントがゲットできるのでかなりお得です。

<span class="fz-12px">このちゃんマン</span>
このちゃんマン

あたちは給与振込先を楽天銀行にして、ポイントゲットしてるの。

楽天カードの引き落としを楽天銀行にしてるからとってもお得なの。

その他、サービスに応じてのポイント取得は下記リンクより確認してみてください。

ポイントが貯まるサービス|特典|ハッピープログラム|楽天銀行
楽天銀行なら、サービスのご利用ごとに楽天ポイントを貯められます。振込・口座振替・楽天銀行デビットカードなどのご利用はもちろん、JRAや楽天競馬への入金などのサービスご利用でもどんどんポイントが貯まるのでお得です。

②普通預金金利を簡単に年0.1%にできる

楽天証券と連携(マネーブリッジ)を設定するだけで

普通預金金利が0.1%になります。(未成年不可)

メガバンクなどの金利は年0.001%なので、100倍!!!

マネーブリッジとは

楽天証券と楽天銀行が共同で提供する口座連携サービスです。

銀行と証券の口座間の資金移動が簡単になったり、

普通預金の優遇金利やサービスの利用に応じて

「楽天ポイント」がもらえるお得なサービスです。

マネーブリッジの方法も別記事で紹介する予定です(‘ω’)

詳しい情報は下記リンクからご確認ください。

普通預金(マネーブリッジ利用者)- 商品詳細説明書|円預金|楽天銀行
楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」にお申込いただくだけで、楽天銀行の普通預金に優遇金利が適用されます。楽天銀行と楽天証券の口座間の資金移動も簡単になり、より便利でお得にお取引いただけます。

楽天銀行のデメリット

  1. ネットバンクなので、店頭での相談ができない。
  2. ATM.振込の無料回数に上限がある。

これらのデメリットがあげられますが、

1に関してはカスタマーセンターに相談すればOKです。

2に関しては、上限がありますが、正直私は困ったことがありません。

 人によるところだと思います。

楽天銀行ペイオフ制度とは

ネット銀行は不安だという方

楽天銀行はペイオフ制度があります。

元本1000万円までとその利息等を保護してくれます。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

楽天銀行開設方法もはコチラ↓。

コメント

タイトルとURLをコピーしました